犬鳴山温泉へ行こう

犬鳴山温泉へ行こう > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>

犬鳴グランドホテル紀泉閣

■犬鳴グランドホテル紀泉閣
露天風呂から眼下を見下ろせば清流で、蛍のシーズンには蛍を見ながら露天風呂につかれるというおしゃれなホテルです。

■温泉施設
大浴場は、内湯として洋式・和式の浴槽 2、露天風呂 1

■泉質
純重曹泉(温泉濃度3倍以上)

■プラン
宿泊コース:10,500円(3名1室)〜
日帰りコース:5,250円

■天然温泉の露天風呂付個室(1泊2食・税サ込)
平 日:5名1室 20,000円〜
休日前:5名1室 22,000円〜

■平日ゴルフパック(4名1組 1Rプレーフィ含む)
日帰り:11,370円〜
宿 泊:16,370円〜
コース:泉佐野CC

犬鳴グランドホテル紀泉閣 泉佐野市大木2240 
TEL 0120-412601

ご予約はお得な ゆこゆこで温泉に入ろう!






犬鳴山温泉 犬鳴温泉センター

■犬鳴温泉センター
大浴場からは緑溢れる風景が眺められ、春は桜、夏は渓流の音、秋は紅葉、冬は雪化粧と、様々なロケーションが楽しめます。

■特徴
お肌に大変優しく、美肌効果もあります。

■泉質
純重曹泉(温泉濃度3倍以上)

■効能
神経痛・リュウマチ・慢性胃腸病・糖尿病・皮膚病・40肩・50肩など

■プラン
宿泊コース:9,000円〜
 チェックイン、チェックアウトなしでいつでも利用できます
立寄り湯コース:840円
 お風呂のみのご利用です
日帰りコース:1,470円
 利用時間は9:00〜18:00大広間をご利用できます。

犬鳴温泉センター 泉佐野市大木犬鳴2238 TEL 0724-59-7208
            定休日/水曜日

ご予約はお得な ゆこゆこで温泉に入ろう!




犬鳴山温泉み奈美亭

犬鳴山温泉み奈美亭
渓流の水の音に耳を傾けながら、温泉情緒にひたる。
緑濃き自然に目を遣れば、思わず深呼吸したくなる。
大阪近郊の秘湯として人気のある犬鳴山温泉郷。  
犬鳴川のそばに建つ〈み奈美亭〉は、豊かな自然に
抱かれた観光旅館です。

■特徴
うたせ湯、サウナ、ボディーシャワー
露天風呂、室内風呂 完備、男女別

■泉質
純重曹泉/16℃。加温・循環

■日帰り入浴情報
日帰り温泉入浴料は800円
半額温泉チケット有り(1枚で5名様までOK!)


■その他
日帰りプラン:5,250円〜
宿泊料金:10,500円〜
日帰り・ご宿泊チケット有り


(大阪府泉佐野市大木犬鳴山温泉 072-459-7336)

ご予約はお得な ゆこゆこで温泉に入ろう!




タグ:み奈美亭

犬鳴き山温泉 不動口館

■犬鳴山温泉不動口館
大阪近郊の秘湯・犬鳴き山温泉 不動口館(ふどうぐちかん)は、四季の豊かな自然の中でいで湯と料理が楽しめる宿です。

■特徴
和風露天風呂は、犬鳴川のせせらぎに面した、渓流を眼下に望む清涼感溢れるロケーションが魅力です。
日帰り入浴と食事のプランは、四季の味覚が楽しめます。

■泉質
純重曹泉/16℃。加温・循環

■日帰り入浴情報
日帰り温泉入浴料は800円・宿泊料金:11,550円〜
内風呂大浴場「かじかの湯」、男女別、露天風呂男女各1。

■効能
美肌効果、リウマチ、慢性消化器病、痛風、創痛、火傷、皮膚掻痒病、角化症

(大阪府泉佐野市大木7 072-459-7326)

ご予約はお得な ゆこゆこで温泉に入ろう!





犬鳴山の由来

犬鳴山の名前の由来=義犬伝説

さて、この犬鳴山であるが、元は一乗山と呼ばれていた。
それがどうして犬鳴き山になったのか、地元の人に聞いてみた。

「寺伝によると、寛平年間、紀州のある猟師が鹿を追って滝のあたりに来た時、突然、連れていた愛犬がうるさく吠えた。

そのせいで獲物を取り逃がした猟師は、怒って犬の首をはねてしまった。

愛犬の首はそのまま躍り上がって、猟師を呑もうと狙っていた大蛇に噛みつき、大蛇と共に息絶えてしまった。

犬が吠えたのは、主人の危急にいち早く気づき、救おうとしたからだった。

この心を知った猟師は悔いて修行者となり、愛犬をねんごろに供養し、また、自分の田畑を不動堂に寄進した。

この時に、時の天皇である宇多帝より犬鳴山と勅号を賜り、一乗山から改められたのである。」


※宇多天皇とは、第59代の天皇(在位887年−897年)で、当時、寛平の治といって、藤原時平と菅原道真(大宰府天満宮の学問の神様として祭られている)を重用した天皇であった。
タグ:義犬伝説

犬鳴山温泉 山乃湯

犬鳴山温泉 山乃湯

 大阪府近郊の犬鳴き山温泉の湯元の湯です。
 隣の「湯元温泉荘」の経営する日帰り温泉施設です。
 「湯元温泉荘」の湯と全く同じで、ここから「み奈美亭」「不動
 口館」などの他の宿や「犬鳴温泉センター」に引湯されています。

 湯元だから、湯の質はここが一番である。
 犬鳴山で源泉に浸りたければ、迷うことなく「山乃湯」をお奨めし
 ます。

■特徴
 お風呂はやや小さく、5人も入ればイッパイになるくらい
 シャワーは1つ、蛇口は2つ、ボディソープのみ

 微かに白濁した湯は、浸かると足の先が見えなくなる程度に濁っ
 ています。
 ほんのり硫黄臭が感じられ、ツルツルとしたヌメりもあります。

 最初、垢かと思いましたが、よく見ると、浴槽の湯は「湯の花」
 が浮んでいます。

 ただ、湧出量はほんの僅かしかないそうです。

■泉質
 ナトリウム-炭酸水素塩泉 16度

■日帰り入浴情報
 10:00〜18:00 無休 600円


※ちなみに「山乃湯」は、山の湯、山ノ湯、山之湯、山野湯と
 誤表記されることも多い。

犬鳴山温泉アクセス

関空よりお車で30分


拡大地図を表示

■JR阪和線
 天王寺(快速)→日根野(約40分)
 和歌山(快速)→日根野(約25分)
 日根野(南海バス)→犬鳴山(約20分)

■南海本線
 難波(急行)→泉佐野(約35分)
 和歌山市(急行)→泉佐野(約30分)

 泉佐野(南海バス)→犬鳴山(約30分)

■特急バス(熊取・粉河線)
 JR熊取駅(約20分)→犬鳴山(約25分)→JR粉河駅

■お車
 R26号線=泉佐野警察署東交差点を東へ10km
 阪和自動車道でお越しの方は、上之郷出口で下りて下さい。
 阪神高速湾岸線でお越しの方は、泉佐野北ICで下りて下さい。

 阪神高速湾岸線/関西空港からは、上之郷出口では
 下りれません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。